オフィスレイアウトを考える

オフィスは快適でありたいものですが、限られたスペースの中に配置しなければならないこともありよく考えて行う必要があります。オフィスレイアウトを変更する機会は正直あまりありませんが、できれば業務改善の一貫として見直すほうがいいです。その理由はより機能的に快適な空間にして仕事の作業性や効率性をよくするということです。オフィスレイアウトを考える場合にはこれまでの配置概念を変えてより仕事を行いやすくするためのコンセプトを考えます。

仕事をしている皆さんから意見を聞くという方法もありますが、それらを取りまとめてオフィスレイアウトを考えることです。限られたスペースのなかでどうしても変更できない部分はあります。入口や水回りなどの場所です。入口は来客もあるので来客スペースとして考えます。

会社のイメージもあり明るくきれいにしておくことが大切です。水回りでは手を洗ったり、お茶を作ったりすることもあります。ここも区切って考えておく必要があります。机の配置に関してはまず通路を考えておきます。

メイン通路を確保して人が行き来できる幅をもたせて考えておきます。そして配置する場合はコミュニケーションの方法や仕事の方法によってどのように配置するべきか考えておきます。コミュニケーションを考えるなら関連する部門が近くなるようにして、パソコンなどで個人が考えて作業する場合は集中できるようなレイアウトにするほうがいいです。またキャビネットなどの保管場所、配線なども考慮する必要があり、整理整頓も必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *