オフィスレイアウトの基本

快適なオフィス環境にするためにはいくつかポイントがあります。スペースを有効に使うことを目的にオフィスレイアウトを決めるのはあまりよくありません。より機能的に快適なオフィス空間となるように考えた上で配置を行うことです。まずオフィスレイアウトの基本として仕事の仕方があります。

そのオフィスで行っている仕事はどのような仕事なのか考えてオフィスの基本方針を決めることです。例えばコミュニケーションがとりやすいオフィス、明るく快適なオフィスとするといった基本方針を決めます。そしてオフィスのなかのゾーンでわけます。まず従業員と来客者のエリアは分ける必要があります。

商談ルームが業務を行っている場所と同じではセキュリティ面からもあまりよくありません。来客者を受け付けるゾーンは分けてわかりやすくしておくことです。業務の上ではよく調整が必要な部門があれば隣接させて効率化を図る方がよいです。そのためには各部門の仕事の内容や役割がよくわかっている総務部などで調整してオフィスレイアウトを決めることが必要となってきます。

またオフィスのなかで昼食を行うようなこともある場合、食事の後片付けができるようなスペースも必要となってきます。従業員が効率的に仕事ができるようにするためには休憩時間にリフレッシュできることも必要です。ずっと自分の席では気分を入れ替えることは難しいので、リフレッシュスペースもあるとより快適性が向上します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *