いい仕事ができるオフィスレイアウト

オフィスレイアウトを考える場合に必要なことはエリアを決めること、通路、配線なども考慮することです。エリアは限られたスペースのなかで機能的な間取りを行うことです。組織は場所の機能や役割を考えて決めることが必要です。受付エリア、業務を行うエリア、収納エリア、ミーティングエリア、リフレッシュエリアなどが考えられます。

オフィスレイアウトではまず入口で来客など受付を行う場合はセキュリティ面では仕事をしている業務を行うエリアと仕切って対応ができるようにするといいです。またここは会社のイメージにつながることになるため明るく清潔にします。業務を行うエリアではチームで仕事を行うことが多いのか、個人で仕事を行うことが多いのか会社の特徴によっても変わってきます。チームで仕事をするような場合は見通しをよくすることとフリースペースを利用していつでも会話をしやすくする方法もあります。

個人で仕事をする場合は会議などで打ち合わせをおこなって個人スペースで集中して作業を行うという方法となり、集中して作業しやすいようにすることです。収納エリアも必要です。しかし収納は場所を多くとってしまうことにもなりここは2Sなどを行いできるだけきれいに片付けておくとです。そうすることでスペースを有効に利用することができます。

オフィスレイアウトで大切なのは気分を入れ替えてリフレッシュできることも必要なので気分を入れ替えることができるリフレッシュスペースがあるとより快適性が向上します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *