オフィスレイアウト見直し

会社内のオフィスでは誰でも快適に仕事を行いたいと考えます。特に長時間オフィスで仕事をする事務などでは快適であることと、仕事において効率的であることが大切です。オフィスレイアウトを考えるタイミングとして、新入社員などが入ってきたときや人事異動があったとき、組織変更があった時に行われることが多いのです。ほとんどの場合はこのような人の増減や組織の変更がない限り見直されることはあまりありません。

そのためこのような機会により業務効率がよくなるように配慮してオフィスレイアウトを行うことです。オフィス内はスペースが限られています。そのためまずどこに何を配置するのかエリアを決めることから始めます。オフィスには入口があり来客者もあります。

そのため来客の対応を行うことができるエリアを決めます。もちろんここは会社の顔にもなりますので明るく清潔にしておきたい所でもあります。そして従業員が業務を行う場所、書類を保管する場所、会議など打ち合わせを行う場所など必要に応じて決めることです。その上でオフィスレイアウトとして開放的なものにするなら、フロアが見通せるようにする必要もあり、コミュニケーションがとりやすいものにするなら関連する組織が話しやすいレイアウトにする必要もあります。

またレイアウトを考える上で大切なのは通路です。行き来するのに通路が狭いと安全面でもよくありません。メインとなる通路を確保しておくことがポイントととなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *