スチールラックを選ぶポイントは?

スチールラックは金属で作られた棚で様々な場所で使われているものですが、その種類も様々にあります。選ぶポイントとしては棚に置くものの大きさや重量があり、それらに合わせたものを選ばなければ歪んだり倒れてしまう原因になってしまうものです。一般的に安く売られているスチールラックは軽量タイプのもので、耐荷重は1段あたり120kgになります。一般的な書類などを保管するのであればこのタイプでも十分ですが局所的に荷重がかかるような置き方をすれば、歪んでしまう原因になるものです。

一般的に丈夫なものとしては300kgに耐えられるものですが、より重量級の物であれば500kgに耐えられるものもあるなど工場で使われるような機器を保管するといったことでも使うことが可能です。スチールラックを選ぶ時には、棚の大きさもポイントになります。棚板がいくら丈夫でも長いスパンとなってしまうものは荷重が集中した時に歪む原因となりますし、棚板の数が少なければ、揺れに対しても弱くなります。もちろん用途に応じて選ぶことが大切ですが、必要に応じて補強を入れられるようなタイプも重要な要素です。

いずれにしてもスチールラックを選ぶ時にはそこに保管するものの重量や大きさに応じて選ぶことが大切ですし、ある程度余裕のあるものを選ぶことが長く使っていく上で欠かせません。また、より重たいものを設置するような場合にはスチールラックを固定する金具を使用するのも安全を確保するための手段になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *