スチールラックの収納のポイント

スチールラックは、ポールと棚板を自由に合わせることができるため高さや幅など自由にすることができます。金属製の収納具ですのクールな印象を作ることができますが、フルオープンですので収納をきちんとしていなければ乱雑な印象になってしまう可能性があるため注意が必要です。そんなスチールラックの収納を行うポイントは、使いやすい高さであるかどうかが重要のポイントとなります。棚板は手の届く範囲と届かない範囲を把握し、収納したいアイテムは日常に使うもの、時々使うもの、ほとんど使わないものに分けて収納するだけで使い勝手が良くなります。

また重いものは下、軽いものは上に収納するように心がけていきます。隠したいものがある場合には布製や木製のカゴを入れて収納することで、スチールラックの収納を確保しながらナチュラルな雰囲気を演出することができます。カゴに入らないという場合には、カーテンやタペストリーなどで隠すと雰囲気のある収納が行えます。カーテンやタペストリーは自分の部屋にあった柄のものを選ぶことがポイントです。

収納する場合には、テーマ性を持たせることですっきりとした印象を作れます。適当に入れるのではなく、本を入れたいなら本のみを入れたり、飲み物というテーマにしたらグラスやマグカップ、お酒やコーヒー、お茶のみを収納するなどの工夫をするとオシャレになります。スチールラックは全体の雰囲気を考えて取り入れることで、オシャレな収納家具として役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *