スチールラックは色々使える

人気が高いスチールラックは使い方や工夫次第で自分が好きなようにカスタマイズが出来るので便利で、例えば本棚として使う場合、躯体が大変細くて背板や側板がないので圧迫感が少なくて本もお洒落に並べられます。一般的なものでもワイヤーシェルフではなくて棚板ならそのまま棚として使いやすいです。ファイルボックスを使うとワイヤーの棚の上も安定し本などを置きやすいです。背表紙も隠せて単色のお洒落な空間になるのがファイルボックスのメリットで、ジャンルごとに分けて収納できるので必要なボックスだけ作業場に置けて大変効率も良いです。

スチールラックだとスペースにあわせて収納をくみ上げ可能で、クローゼットや押し入れに設置すると棚として使え、書類などの大きさにあわせて自由に高さも変更出来て狭い収納スペースの使えない部分をなくせて便利です。幅広のスチールラックだと色々な物にあわせて収納出来て、リビングなどでも活躍しますし本屋雑貨など散らかりやすいものも収納ボックスへ入れて整列させて並べるだけでもすっきりとお洒落な部屋になります。他にも専用のビニールシートを敷いてフラットな棚板にしてから多くの本を並べて、色々なサイズがあってもサイズごとに分けると無駄にスペースが生まれることなくすっきりとした見た目に仕上がります。カラーボックスだと最初から高さなども決まっていて使い勝手が悪いこともありますが、スチールラックは自由に調整出来て使いやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *