スチールラックのメリットは

スチールラックとは、スチール(鉄・金属)を材料として作られたラック(棚)のことです。以前はラックと言えば木材で作られたものが一般的だったのですが、近年ではスチールラックを使用するオフィスや工場などが増えており、一般家庭でも幅広く使われるようになりました。スチールラックには、様々な優れたメリットがあります。まずはその強度が高いことが、大きな特徴だといえるでしょう。

木材で作られたラックに重いものを収納すると、棚板がたわんだり、あるいは割れてしまう場合などがあります。一方で鉄などの金属で作られたラックは木材よりも強度が高く、重いものを収納しても変形や破損が少ないのです。例えば本やCDなどは単体では軽量ですが、数が集まるとかなりの重さになります。そのような場合でもスチールラックであれば、大切なコレクションを安心して収納できるのです。

その他にはラック本体が比較的軽量であることや、価格が安いことなどもメリットになります。一方で使用の際に注意が必要な点としては、鉄などの金属には錆びる性質があるため、屋外での使用には適さないことがあげられます。屋外で使用したい場合には、錆に強いステンレスなどで作られたラックを選ぶようにしましょう。スチールラックは重量物の収納に適していますが、その能力には一定の限度がありますので、重いものを収納したい場合には耐荷重性能の高いラックを選んでください。

棚板が金属板のタイプよりも、ワイヤーを組み合わせて構成されたタイプの方が、耐荷重性能が高いことが多いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *