スチールラックを使って物置をカスタマイズ

家庭菜園のグッズやキャンプの道具、工具などたくさんの物を収納することができ、乱雑になりがちな物置には、スチールラックの収納が便利です。スチールでできているため丈夫で、防錆加工がされている物を選ぶことで、水や土、ほこりなどに強く、汚れたら丸ごと水洗いすることもできます。支柱と棚板の簡単な構造で収納力が高いことや通気性が良いこと、重い物も安心して置くことができることなど物置で使いやすい条件がそのままでも整っているのがスチールラックなのです。スチールラックを使って物置をカスタマイズするときには、手ごろなサイズのラックや収納ケース等を複数設置するより、大きなサイズの物を導入して、整理していくことをおすすめします。

物置は自転車やスコップ、ホースなど大きさがあり、出し入れする物をしまっておく場所でもあるので、中に入って移動や回転をすることができるスペースを確保しておくことが大切です。奥の方の壁面いっぱいを使って、スチールラックで大容量の収納を実現すると、床に置くものや他の収納アイテムが減り、動くスペースを確保することができるため使い勝手が良くなります。棚をエリア分けして分類しながら収納していくことで、一目で何があるのかが分かりやすくなり、探し物が減ります。壁面や背面にワイヤーラックを取り付けると、フックを使って吊るす収納もすることができるのでとても便利です。

物置に棚をオーダーすることもできますが、コストパフォーマンスや後から自由に足したり、場所を移動させたりすることを考えるなら、スチールラックをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *