オーダー家具に使われる素材

オーダー家具に用いられる素材は様々な種類があります。

まず無垢材です。何も人の手を加えていない自然の木です。最も木の個性を活かした素材で、色合いや雰囲気がナチュラルで耐久性が高いです。ダイニングテーブルやチェア、キャビネットなどのオーダー家具に使われることが多いです。使い続けるうちに木目が味わい深くなります。無垢材は生きた素材なので、呼吸をしています。季節の変化や温度や湿度によって反りなど変形することがあります。反りは木を何枚か接いだり、扉などで薄い板を入れたりして防ぎます。

価格は他の素材と比べると高額です。次に突板です。木目が美しい天然木をスライスしています。無垢材と異なって、組み合わせ時の狂いが少なく、重量が軽いです。比較的サイズの大きなキャビネットやシェルフなどのオーダー家具の素材として利用します。塗装すると目が浅いのでフラットになりますが、価格が安いので手軽に選べます。そして集成材です。挽き板あるいは小角材を繊維方向を平行にした状態で幅や厚さ長さ方向に集成し、接着しています。

反りやねじれ、割れといった無垢材の欠点を補っています。死節や割れといった元々の木材の欠点を取り除くので、強度のばらつきがなく安定した品質の素材を大量に確保できます。しかし木を集めて作るので、表面や木の接着面が目立ちます。床や壁、階段といった建築材料として用いられることが多く、オーダー家具では無垢材のキャビネットの背板に使います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *