オーダー家具は本当に高いのか

手ごろな既成の家具は市場にあふれていて、それらの価格と比較するとオーダー家具は高く感じられます。

既成の家具が安価なのは、量産体制で同じものが大量に生産されるからです。しかし、コストを抑えることばかりが重視されてきたため、日本で販売されている家具の多くは、材料費や人件費の安い海外へ委託して製造されているのが現状です。それらの家具の中には、材質が悪いために耐久性が低いものもあり、また、有害物質を含んだ塗料を使用していることから生じる健康被害も報告されています。

一方、オーダー家具は、原材料や金具の選定の段階から人が関わって、一から制作していきますのでコストがかかることになります。しかし、昨今、リフォームの時にオーダー家具で部屋の中を一新したり、住宅購入時に家具もオーダーする方が増えてきています。オーダー家具の魅力はどこにあるのでしょうか。まず、設置する場所や部屋の広さに合わせてミリ単位で寸法を測って製作するため、既成の家具のようにデッドスペースが生まれることはなく、置きたい箇所にぴったりの家具が出来上がります。また、素材や色を自由に決められるので、統一感のある空間をつくれます。

既成の家具をその場の必要に応じて購入していると、以前に買ったものと高さや奥行きが合わなかったり、色が違っているため部屋が雑然と見えることがあります。オーダー家具は、複雑な空間でも、ぴったりと収まり、ご希望の用途に合わせて製造するので使い勝手が良く、手作り独特の温もりがあります。飽きがこないから、いつまでも大切に使うため、長い目で見ると高くはないといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *